門司港レトロといえば、やっぱり焼きカレー!「洋膳茶房にしき」で古民家風建物で食べる少し高級なカレーグラタンのランチ♪(北九州市)

7 洋膳茶房にしきのビーフ玄米のカレーグラタン.JPG


山の里自然農園でピザ作りをして、優雅な朝食を味わったあとは、観光タイム♪

この日は、髙橋さん夫妻のリクエストにより、門司港レトロに行くことになっていた!

山の里自然農園で、予定より時間が押してしまったので、予定より30分ほど遅れて小竹町を出発!

都市高速を使って、1時間ちょっとで門司港レトロに到着!

と言いたいところだけど、門司港レトロからちょっと離れた市立和布刈塩水プールの駐車場へ!






8 潮風号.JPG


門司港レトロの駐車場に車を停めるのは簡単だけど、ちょっと旅をしてもらおうと思って^^

旅というのは、こちら!

トロッコ列車の潮風号に乗って、門司港レトロまでの時間をトロッコ列車に乗って、ゆっくり愉しんでもらおうと思ったから♪

潮風号は、関門海峡めかり駅と九州鉄道記念館駅の間をゆっくり10分かけて、土、日、祝日運航の列車だ♪

潮風号に乗車すると、車内ではとある趣向を凝らしているので、それを体験してほしかった♪

髙橋さん夫妻は、喜んでくれたようだ♪

ネタバレになるのでココでは書けないけど、ぜひ乗車して体験して欲しい!






9 洋膳茶房にしき外観.JPG


出発時間が押してしまったので、潮風号に乗車して九州鉄道記念館駅まで乗ってもらおうと思っていたけど、もう昼食の時間を過ぎてるしw

なので、出光美術館駅で途中下車して、お昼を食べることに^^

今回のお昼の場所は、髙橋夫妻に決めてもらってた!

門司港レトロといえば、やっぱり焼きカレーということを伝えていたら、焼きカレーのお店を見つけたというので、そのお店に行くことに^^

行ったのは、出光美術館駅から歩いて2~3分くらいの場所にある、古民家風の建物の「洋膳茶房にしき」というお店だ!

何でも、元々は旅館をしてあったそうで、それを改装して今のお店を始められたとのこと!






8 洋膳茶房にしきビーフ玄米のカレーグラタン.JPG


店内に入ると、イニシエ系の建物の2階に案内される^^

6畳くらいの和室にテーブルが置いてあって、俺たちは着席^^

メニューを眺めると、カレーグラタン(ここでの名称)や蕎麦がある!

俺たちは、焼きカレー目当てで訪れたので、焼きカレーメニューの中から、野菜たっぷりカレーグラタン(1,300円税別)とビーフ玄米のカレーグラタン(1,700円税別)を注文♪

俺は、ビーフ玄米のカレーグラタンを注文した^^

あとプラス300円で、デミコーヒーとデザートが付いてくるのでそれも注文^^






10 洋膳茶房にしきカレーグラタンアップ.JPG


しばし待つと、各々注文したカレーグラタンが運ばれてきた!

こじんまりした器に、グラタンが盛られている!

早速食べ始める^^

スプーンで1口すくうと、ドバ~っと湯気が出る!

口の中に入れると、カレーの芳醇な香りと熱々さが伝わってくる!

熱々なので、口の中を火傷しないようにハフハフしながら食べる^^

中にビーフを始め、色んなものが入ってるようだ!

残念ながら、熱々なのでそれがよくわからない(笑)

でも、美味しい♪






11 洋膳茶房にしきデザート.JPG


デザートまで、美味しくいただきました♪

古民家風の建物で、門司港レトロ名物の焼カレーを食べる♪

優雅なひととき♪

(^^;)ゞ イヤー堪能しました♪

美味しかった♪



この後、門司港レトロを散策して、関門トンネル人道も堪能してもらい、今宵の宿泊先の福岡市内まで高橋さん夫妻を送って、次の日は夫婦2人で福岡市内を敢行するとのことだったので、ホテル前で再会を約束して別れたのであった^^







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント