たまには真面目に。東日本大震災から7年。小竹浜の方々との交流を中心に振り返る!

画像



今日(詳しくは、14時46分18秒だけど。)は、東日本大震災が起きてちょうど7年になる。

私なりに、東日本大震災が起こって殻を振り返って行きたいと思う。

思い起こせば、あの日は上の娘の中学校の卒業式だった。

お昼をとっくに過ぎた時間に帰ってきて、ようやくラーメンでも食べに行こうとしていたときに、車の中で大津波警報のメールが入ってきて、何が起こったんだ?と、まだ全くそのことは知らずラーメン屋のテレビでそのことを知った!

本当にこれが日本で起こっているのか!?という惨劇を目のあたりして驚いた!






画像




地元で地域起こしのイベントをやっているメンバーたちと、何かしたいよね~!と話していたら、宮城県石巻市に小竹浜という地名をメンバーが見つけた!

これも何かの縁だから、「よし!俺たちは、直接小竹浜を応援しよう!」という話しになった。

少し時間が経ち、4月のゴールデンウイークに支援物資を積んで、メンバー2人が小竹浜へ!

行ったメンバーの報告を聞いて、何かをやって小竹浜に義援金を送ろうという話しになり、フリーマーケットを開いて、収益金を全額小竹浜に送ろう!と、フリーマーケットを開催した。

このフリーマーケットは、4年続いた。

そして年が明けた2012年のゴールデンウィークに、私を含め5人で小竹浜へ!

車で1,400kmの道のりを、5人で交代しながら運転!






画像



震災が起きて1年経った石巻市内は、その時はまだ至る所が瓦礫の山だった!

テレビや新聞報道等で見知ったつもりになっていたが、実際にこういった光景を目の当たりにすると、本当に衝撃が走ったというのが、正直な感想だった。

やっぱり、実際に自分の目で見て見なければ・・・。

何とも言いしれようのない気持ちに襲われたのを、今でも鮮明に憶えている!






画像



そして、小竹浜入り。

コミセンに30人くらい集まっていただき、ささやかな懇親会を催した。

大鍋2つに、水炊き、もつ鍋を作って小竹浜のみなさんに食べてもらった。

そのままコミセンに泊めていただいたし♪

迷惑をかけまいと、寝袋持参だったけど、布団や毛布を用意していただいていて、逆に恐縮した・・・。

小竹浜には3日間滞在させていただいて、トイの修理や非常用の棚などを作らせてもらい、記念に持って行った町の木の「キンモクセイ」を植樹させていただいた。






画像



その翌年も、小竹浜を訪れさせていただいた。

車で行くのは正直辛いので、今回は飛行機で♪

石巻市内は、瓦礫の山は随分と減っていたが、それでも残っていた・・・。

小竹浜では、昨年に引き続き鍋を作らせていただいて、小竹浜の方たちに召し上がっていただいた。

昨年に比べると、小竹浜のみなさんの表情も明るくなったし、震災当時の様子を色々と話していただいた。

少し心が打ち解けてきたんだろう。

この時に、小竹浜出身の金星さん、鈴木さんも里帰りしてこられ、夜遅くまで痛飲したのを鮮明に憶えている。






画像



それから2年後の2015年の9月に、3回目の小竹浜の訪問。

この時くらいから、小竹浜のみなさんと心の交流にシフトチェンジしていく。

今回もコミセンに泊まらせていただこうと、メンバーの代表が交渉するが、恩のある小竹町の方をコミセンに泊まらせるわけにはいけない!と反対され、小竹浜近くの民宿を取っていただいた。

しかも、宿代は小竹浜の方々に支払ってもらったし・・・。

2年ぶりに訪れた石巻は、瓦礫は無くなったものの更地が目立ち、復興に向けて嵩上げ工事が行われていた!

今回の小竹浜訪問の目的は、もう1つあった。

この年に小竹町で開催される「町民ふれあいまつり」に合わせて、小竹浜のみなさんを招待しようという試みがあって、その打ち合わせも兼ねたものだった。

色々と打ち合わせをさせていただいた。






画像



そしてその年の11月に、小竹浜から8名の方が来町された!

初日は、せっかく福岡に来られたので、太宰府店萬具に参拝してもらう。

これまで小竹浜に関わった人たちに声をかけ、地元の集会所で盛大な歓迎会を催し大成功のうちに終わった。






画像



次の日、小竹浜のみなさんは、朝早くから町民まつりの会場で「おくずかけ汁」の作成に大忙し!

というのも、お世話になった小竹町のみなさんに「おくずかけ汁」を振舞って、感謝の気持ちを述べたいと、事前の打ち合わせで急きょ決まった!

私たちの思いは、町民まつりに参加していただいて、ゆっくり福岡観光でも・・・と思っていたのだが、本当にありがたい申し出に逆に感謝m(__)m

祭りが始まり、お昼からの「おくずかけ汁」の無料配布には、小竹町民には好評で約200人分の量は、あっという間に無くなった!

その後、壇上に上がっていただき、小竹浜のみなさんを紹介!

最後は、「花は咲く」をみんなで大合唱!

町民まつりを堪能していただいた。






画像



そして去年の8月、小竹浜に4度目の訪問。

今回の訪問は、小竹浜に笑顔を贈る会として集大成の意味の訪問でもあった。

小竹浜を訪問する前に、私たちが訪問するたびにアテンドしてくれていた髙橋さんが、震災遺構荒浜小学校に連れて行ってくれた。

震災のことを風化させないようにと、津波の被害に遭った荒浜小学校を保存していた!

今日こうやって、思い出したかのようにブログに書いているが、こういうことも大事なんじゃないかと思う。

たまたまご縁があって、勝手に小竹浜を応援して、小竹浜のみなさんと交流をしてきただけなんだけど、それが今では私の財産になっているし!

ただ、震災で数多くの方たちが亡くなられたことは、決して忘れてはいけないと思う。

これからも、風化させないために伝えていく機会を持ちたいと思う。


思いがけず長文となってしまった!

ご容赦くださいm(__)m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント