熊本震災から9カ月!益城町の現状!!(熊本県上益城郡益城町)

画像



火の国文龍総本店で、こってりこてこての黒ラーメンを食べ、次は益城町に向かう^^

というのも、夕方に小竹町にあるいつもの「時代屋」を予約していて、

夕方までに戻ればよかったので、それまでどうしようかと事前に話していたときに、

熊本震災後の益城町に行ってみようということになった!

しかし、やみくもに行っても現地の方々のご迷惑になるだけだし、地理的にもよくわからない!

そこで、「小竹浜に笑顔を贈る会」で一緒に活動しているメンバーが、

度々益城町や西原村などにボランティアで行っているので、メンバーに案内をしてもらうことになった^^






画像



ナビにセットせず、メンバーの案内で車を走らせる^^

すると、どこかはわからないが、益城町に向かう山間の集落を通り抜けようとしたときに、

この光景に出くわした!

写真だとわかりづらいかもしれないが、崩壊した家屋などやブルーシートを被った家屋が沢山だ!

9カ月経った今もこの状況なのか!!

車を走らせていくうちに、こういった家屋が目立ってくるようになった・・・。






画像



道中、道が何か所も寸断されていて、応急処置だけしている場所が何か所もあった!

また、今でも道路工事をしている箇所も何か所もあったし・・・。

車をさらに走らせ、益城町に入る^^

益城町のメインストリートを走っていると、その被害の甚大さがよくわかった!

倒壊して手つかずのままの家屋、瓦礫を撤去されて空き地になった場所が結構ある!

ヽ( ´∇‘)ノは運転手なので、車窓から写真を止めることはできなかったが、その光景は凄い!






画像



益城町のメインストリートから左折して、路地に入る。

「ここは、一番ひどいところでね~wテレビカメラが入ったりして、ここを写しよったんよ!」

と、件のメンバーが説明してくれた。

車を脇に停めて、歩いて周辺を見て回る。





画像



やはりここでも、瓦礫が残っていたり、倒壊してそのままになっている家屋、瓦礫が撤去されて空き地になっているところが混在していた!

メンバーは、こういった家屋のがれき撤去などを今でもボランティアで手伝っているようだ。






画像



今建っている家屋も、家屋の危険度を判定され、もう住めないと判断された家屋は赤いシールが貼られているそうだ!

コの家屋は、もう住めないと判断されて、空き家になっていた!

これをわが身に置き換えると、やはり心中穏やかじゃないよな・・・。

東北に行った時も思ったが、見ると聞くとじゃ大違いだ!






画像



メンバーが言うには、益城町は2度の大きい地震に見舞われたとのこと。

1度目の大きい地震でなんとか難を逃れた家屋も、

2度目の大きい地震では耐えられない家屋が多かったそうで、それで被害が拡大したそうだ・・・。

何とも言えないな~・・・。






画像



こういった光景が、ず~っと続いていた。

東北で震災に遭われた髙橋さんは、どういったことを思われたのだろうか?

ヽ( ´∇‘)ノは、東北にボランティアで何度か行ったが、その光景の凄さに心を痛めた。

ヽ( ´∇‘)ノは、お手伝いをした程度なので、実際に震災に遭われた方々のご苦労や悲しみは、

何に大抵のことではないと推し量ることはできるが、実際にはそれ以上のものだろう・・・。






画像



益城町をあとにし、ボランティアで行っているメンバーが、ボランティアの方々が寝泊まりしているところに案内してくれた。

インディアンテントや、自前のテントが立ち並んでいて、ここで寝泊まりされていて、朝になると各所に行かれるのだそうだ。

行ったときは、ボランティアに行かれていて、誰もいなかった。


今回の益城町訪問は、東北に行った時と同様、自分の中でいろんな思いが錯綜する体験だった。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2017年03月05日 17:54
熊本の大地震がニュースにならなくなって久しいですが、現状はまだこんな状況にあるのですね。
いまだに時々震度4くらいの地震が続いているようですから大変でしょうね。
夢さんは東北の震災の時に支援に出掛けておられますから、一層復旧の遅れが気になられたことでしょう。
しかし、この状況は個人の問題で済ますことは出来ませんね。
2017年03月12日 09:34
東北を訪れたときも思いましたが、見ると聞くとじゃえらい違いでした!
ヽ( ´∇‘)ノは、好き勝手書いてますが未だこういう状況というのには心底驚かされました!!
それと、本編にも書きましたが、震災に遭われた髙橋さんの目にはどういうふうに映ったのかな?と複雑な思いも・・・。