気まぐれ親父の気分は上々♪

アクセスカウンタ

zoom RSS リフトに乗って「羅漢寺」へ♪楽ちん♪ちょっとした事件が・・・。(大分県中津市本耶馬渓町)

<<   作成日時 : 2017/05/03 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



ここんところ、公私ともにめっちゃ忙しく、ブログの更新もままならない・・・。

世間では、ゴールデンウイークに突入し大型連休のイメージなのだが、

ヽ( ´∇‘)ノ的には、今週末にボタカンがありその準備に追われているので、

ゴールデンウイークのイメージが全くしないしww

愚痴はこれくらいにして、本題に入る^^






画像



耶馬渓の青の洞門を観光したあとは、「羅漢寺」に行くことに^^

羅漢寺に行くのは、実に20数年ぶりだ!

憶えているのは、リフトに乗って羅漢寺まで楽ちんで行けたというくらいか^^

というわけで、早速車に乗り込みナビにセットすると、5分t出てきた!

車を走らせると、本当に5分で羅漢寺の入り口の駐車場に到着^^

時間が早いのか、お土産物屋さんは開いてない・・・。






画像



羅漢寺への階段を上っていくと、すぐに左に折れる案内表示があり、その先はリフト乗り場のようだ^^

リフトで羅漢寺に行こうと、順路に沿って歩いて行く^^

すると、眼前には禅海堂という建物が!






画像



禅海堂って何だ?と思い、開いていたので中に入ってみると、

禅海和尚が青の洞門を掘ったときの、小槌などが陳列されていた!

へえ!ここに当時の物が飾られてるんだ〜♪

意外だな〜^^

ただ陳列されていただけなので、そうだったんだ!くらいしかなく、ちょっとの間見て先に進む^^






画像



禅海堂から少し歩いた裏手に、リフト乗り場があった^^

リフト乗り場に到着すると、オープンしたばかりみたいで、おじさんとおばさんが夜露に濡れた座席をぞうきんで拭いていた^^

ヽ( ´∇‘)ノがチケット売り場の前にず〜〜っと立っているのに気付かず、一心不乱にシートを雑巾で拭いている^^

しばらくして、(゚∀゚;)アッ!っとおばさんが、ヽ( ´∇‘)ノにようやく気付きヽ( ´∇‘)ノのところへ!

リフトのチケットは、羅漢寺までの往復と、その上の展望台までの往復があった^^

料金も100円くらいしか変わらないから、展望台までの往復チケットをお願いする^^

すると、「羅漢寺までにしといてください!」

と、つれない返事・・・。

「展望台までは行けないんですか?」

と聞くと、羅漢寺までにしておいてくださいの一点張り!!

もう滅多に来れないから、展望台までのチケットをお願いすると、渋々チケットを売ってくれた!!

なんというおばさんじゃ!!!






画像



ちょっと怒りながらも、リフトに乗りこむ^^

リフトに乗るときに、夜露でシートが濡れているためか、座布団を敷いてくれた^^

展望台との間に羅漢寺があり、まずは羅漢寺を観光することに^^

羅漢寺までは、3分ほど^^

(^^;)ゞ イヤーラクチン♪






画像



羅漢寺駅で一旦リフトを降りて、案内表示に従い歩くと、羅漢寺山門に到着^^

残念ながら、写真撮影は山門までとの表示が!!

羅漢寺は、岩の洞窟に埋もれ込むように建っていて、石仏がおそらく3,000体以上はあると思われる^^

様々な石仏があり、国指定の重要文化財が多々あるみたいだ^^

その中でも、ヽ( ´∇‘)ノの目を引いたのが、石造竜頭と呼ばれる石仏で、

大友軍が攻め込んできたときに、龍の目から光を発して大友軍を追い返したという逸話がある石仏が印象的だった!

霊験あらたかな場所なので、ヽ( ´∇‘)ノのような無神論者にはあまりそぐわなかったので、一通り見て回るとリフト乗り場に戻る^^






画像



展望台に行くためにリフトに乗り込むと、件のおばさんがヽ( ´∇‘)ノの2つ前のリフトに乗っていた!

なんだ〜!自分が準備ができていなかっただけじゃないか!

お客を何と思ってるんだ!

ひょっとしたら一生に1度しか来ない観光客かもしれないのに、そういう態度は本当に良くない!!

展望台からの眺めもご覧のとおりだったので、なんかとても損した気分になって羅漢寺をあとにしたのであった・・・。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リフトに乗って「羅漢寺」へ♪楽ちん♪ちょっとした事件が・・・。(大分県中津市本耶馬渓町) 気まぐれ親父の気分は上々♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる